スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROの正義

正義は万人それぞれに相応しく与えられる『神々の本性について』De natura deorum, III, 38
こんにちわ、きなこです。


さて、少しばかり喧嘩腰な記事になるかもしれません。
ROのblogでの正義です。

私が所属するHTTの正義は皆さんがご存知の通り、

「書きたい事を自由に書け」

です。

しかし、これには裏の意味があります。
この記事の一番上の文章に当たりますが、

責任は自分で取れ。
分不相応ならばそれは自分に跳ね返って来る。

というものです。
前は勢いよく私も毒を撒き散らしていました。

あてぽさんには

「それは見てて面白いから続けてもいい」

と言われました。
しかし、この後に次の言葉が続きます。

「だけど、実行できずに書くだけならそれは三流のやることだね。」


というわけで何も書くことが自由なだけではありません。
悪い事を書けば味方はいませんし、叩かれれば仲間内からも情けはありません。
何度か痛い目見たんで私は今はだいたい大人しくしてます。
だいたいはw


さて、もう一人のアピールを。

依然私が喧嘩腰に記事を書いた時、
その記事を見た相手がそれに対応して記事を書きました。
今は見れませんが、うろ覚えでこんな感じです。


我々は全てを語ることが出来るがそれをしない。
語る事でしか伝わらない相手は興味がないからだ。
(後半の一文はかなり曖昧です)

最初の一文はくやしいですが未だに考えさせられてます。
そして未だにそれが正しいのかは分かりません。
そこには相手の正義が詰まっているからです。



さて、上記の2通りを見まして、
書くのと書かないのではどちらがどれだけ有利なのかですね。

ですが言ってる意味はほぼ一緒です。
書くなら責任を持て、書かないなら行間を読ませろ、でしょうか。



もう一例、うちの教授の話です。

「書くときは議論に耐えられるモノを書きなさい。
 形に残すということは発表と違って永遠に残ります。
 若いうち程、後世の人あるいはその世界の偉大な人が文章を見た時に
 明らかに間違っている事を書く事は恐れるべきだ。
 何故ならば若いうちの間違いはあなたの一生に関わることだからである。

 しかし、書く事をやめてはいけない。
 何故ならば成果は必ず報告しなければ注目されないからである。
 論理を立て、筋道をしっかりし、議論に耐えられる文章を書きなさい」


だそうです。
少し長いですがこんな文章でした。



様々な例を見てどうでしょうか。

私は廃人Gに属しながら一般の雑魚という立ち位置にいます。
廃人の正義は強さです。
しかし一般人の正義はそこにはありません。

プレイスタイルの数だけ正義はあると思います。

blogの正義が相手に分かるか、伝わるかどうかは
文章に書いてあったり、
行間に書いてあったり、
はてまた書いてなかったりします。


言いたかった事はただひとつ。

いったい「彼」は最近、誰に憤慨しているのだろう。
そしてはたしてその憤りは、どの正義の側から見ているのであろうか。
私はそれが知りたい。
こっそりと、非公開でもいいから教えて欲しいモノである。


長文駄文失礼しました。

そういえば、自分の楽しい事だけ書けばいいよ、とも言われましたね。
はたして今の私にソレが実行できているのかどうかは分かりませんが。

では。
スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

いつも思うけど、らぐどあに登録されているから一回はみんなクリックするだけで、こんな内容のないブログなんてダレも中身見てないよ。
もっと自然体で伝えたい事を推敲して書くべきじゃね?

中身を磨く事に注力しようよ。
語れるほど中身ある?

Re: タイトルなし

> いつも思うけど、らぐどあに登録されているから一回はみんなクリックするだけで、こんな内容のないブログなんてダレも中身見てないよ。

> もっと自然体で伝えたい事を推敲して書くべきじゃね?

> 中身を磨く事に注力しようよ。
> 語れるほど中身ある?

今回は一人の人に向けて書きました。その人が覗いてくれて、
興味を持って読んでくれたなら私は満足です。
ダレも読んでくれてないならその人も読んでくれなかったんでしょうね、
レスポンスもないですし、きっとそうなのでしょう、残念です。

次回からは通常記事に戻りますのでご安心を。
プロフィール

キナシェ

Author:キナシェ
ROのFrigg鯖在住

現在はHTT所属

通称はきのこではなくきなこ。

1000番単位でキリバン踏んだらコメントください。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
中野梓
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。